You are here

ハンズオン トレーニング ワークショップ: エナジーハーベスティング設計入門 | Cypress Semiconductor

ハンズオン トレーニング ワークショップ: エナジーハーベスティング設計入門

Solar-Powered IoT Device Kit

サイプレスのSolar-Powered IoT Device Kitを使用した、ハンズオンワークショップを開催いたします。
従来のエナジーハーベスティングワークショップがさらにパワーアップ!サイプレスのエナジー ハーベスティングの取り組み、応用事例紹介プレゼンテーションに加え、新しいLabを追加!
さらに、Googleが規格化したBLEビーコン向けプロトコルのEddystoneを使ったセンサー ビーコンの設計方法を理解いただけます。

初めての方、以前にご参加頂いたことがある方も、1日でエナジー ハーベスティング設計入門を習得 (復習+α) いただけるワークショップです。
​ハンズオンで使用する開発キットはご参加者全員にプレゼント!好評の昼食もご用意しております。
事前登録制です。今すぐご登録ください。

サイプレスのSolar-Powered IoT Device Kit (S6SAE101A00SA1002)は、Bluetooth Low Energyを使ったソーラー駆動のIoTデバイスを設計するための、使いやすい完全なソリューションを提供します。
このエナジー ハーベスティング ソリューションは、光発電に最適化されたエナジー ハーベスティング電源IC S6AE101Aと、BLE通信を可能にするサイプレスのEZ-BLE PRoC Moduleを使用しています。さらに、無線センサー端末としてセンサー データを送信するためのファームウェアとアプリケーションも含まれています。

Workshop Overview:

 

Workshop Objective:

本ワークショップでは以下を習得することができます。

  • サイプレスのエナジー ハーベスティングの取り組みと応用事例
  • サイプレスSolar-Powered IoT Device Kitについての理解
  • ソーラー駆動無線センサー端末 (WSN) のアーキテクチャを理解
  • エナジー ハーベスティング システム (EHS) を理解
  • 次を理解することで、EHSによるソーラー駆動WSNの設計手法を理解:
    • EHSによる供給電力の計測方法
    • EHSコンポーネントの選択方法
    • EHS 負荷に必要な電力の計算方法
    • EHSの開発および最適化を行う方法
  • IoTデバイスのネットワークを構築
  • Eddystoneプロトコルを使ったソーラー駆動温度センサービーコンの設計手法を理解

 

Workshop Agenda:

時間 トピック
0:00 (30分) サイプレスのエナジー ハーベスティングの取り組みと応用例紹介 (プレゼンテーション)
0:30 (20分) ソフトウェアのセットアップとインストール
0:50 (10分) エナジー ハーベスティング用語
1:00 (10分) Solar-Powered IoT Device Kitの概要
1:10 (10分) Lab 0: Lab 0からLab 2までの概要説明
1:20 (30分) Lab 0: BLE無線センサー ノード (WSN) をPCに接続
1:50 (15分) Lab 1: ソーラー モジュールによるパワーデリバリーを理解
2:05 (15分) Lab 2: エナジー ハーベスティング システム (EHS) による供給電力を理解
2:20 (10分) Lab 0からLab 2までのまとめ
2:30 (60分) お昼休憩
3:30 (10分) EHSコンポーネントの選択
3:40 (10分) Demo 1: Solar-Powered IoT Device Kit上のファームウェアを変更する方法
3:50 (10分) Lab 3とLab 4の概要説明
4:00 (30分) Lab 3: EHS Loadに必要な電力を理解
4:30 (30分) Lab 4: Easy DesignSim™ ソフトウェアを使ったEHSのデザイン
5:00 (10分) Lab 3とLab 4のまとめ
5:10 (15分) 休憩
5:25 (10分) Demo 2: ソーラー駆動IoTデバイスのネットワークを構築
5:35 (10分) Lab 5の概要説明
5:45 (60分) Lab 5: Eddystoneプロトコルを使用したソーラー駆動温度センサービーコンを設計
6:45 (15分) まとめ
7:00 終了

 

当日お持ちいただくもの:
​[必須]

  • Windows ノートPC  (OS: Windows 7以降)
    (USBポートを2つ使用します。)
    (無線LANもしくはインターネット接続可能なPCをご準備ください。無線LANは弊社にて準備いたします。)

[推奨 (なくても可)]

  • 電圧 (mVオーダー)/電流 (uAオーダー) が計測できるポータブル デジタルマ ルチメーター
    (弊社にて準備致しますが、数に限りがあるため参加者同士で共有して頂く場合がございます。お手持ちのものがありましたらご持参ください。)
  • iOS (OS 8.0以上)/Android (OS 4.3以上) のスマートフォン端末
    ​(Lab5でデータの受信確認に使用します。また、受信確認に使用するアプリケーションをインストールしていただきます。)

 

ワークショップで使用するソフトウェアと事前準備:

当日お持ちいただくノートPCに次のものをインストールおよび事前準備を行っていただく必要がございます。詳細はお申込み後、受講票の送付とともに電子メールでご案内いたします。

 

ワークショップで使用する開発キット:

ラボ演習では次の開発キットを使用します。これら開発キットはご参加いただく皆様に会場にて無償でプレゼントいたします!

 

ワークショップご登録方法とご登録時のご注意:

  • ご登録は下記の「レジスタ」ボタンをクリックしてください。
  • その際Cypress Accountが必要です。Cypress Accountをお持ちのお客様はログインした後「レジスタ」ボタンをクリックしてください。お持ちでないお客様は新規に作成ください。(新規作成は、Webサイト右上の「ログイン」をクリックし、表示される画面右側から行ってください。)