You are here

CYRF69213 Datasheet (ZH) | Cypress Semiconductor

CYRF69213 Datasheet (ZH)

Last Updated: 
Jul 02, 2010

CYRF69213 低消費電力プログラマブル オン チップ ラジオ
PRoC™ LPの特長

  • USB-IFのUSB 2.0に適合(TID # 40000552)
  • 単一のデバイスで2つの機能を提供
    • 8ビット フラッシュベースのUSB周辺機器向けMCU機能と2.4 GHzラジオ トランシーバ機能を1つのデバイスで実現
  • フラッシュベースのマイクロコントローラ機能
    • ヒューマン インタフェースデバイス(HID)用途向けに最適化したM8Cベースの8ビットCPU
    • 256バイトのSRAM
    • EEPROMのエミュレーションが可能な8 KBフラッシュ メモリ
    • D+/D-ピンを介してシステム内で再プログラミング可能
    • 16ビット フリー ランニングタイマ
    • 低消費電力ウェークアップ タイマ
    • 割り込み機能を備えた12ビットプログラマブル インターバル タイマ
    • ウォッチドッグ タイマ
  • 業界最先端の2.4 GHzラジオトランシーバ機能
    • 免許不要で世界共通の産業科学医療用(ISM)帯域(2.4 GHz~2.483 GHz)で動作
    • 最大250 KbpsのDSSSデータ転送速度
    • 1 MbpsのGFSKデータ転送速度
    • 受信感度-97 dBm
    • 最大で+4 dBmのプログラマブル出力
    • ATS(Auto Transaction Sequencer)
    • フレーミングCRCおよび自動ACK
    • RSSI(Received Signal Strength Indication)
    • AGC(Automatic Gain Control)
  • 使用部品の削減を実現
    • 内蔵の3.3Vレギュレータ
    • D-への内蔵プルアップ
    • 外付け部品不要のGPIO
    • 動作に必要な水晶振動子は1つのみ
  • 柔軟性のあるI/O
    • すべてのGPIOピンのソース電流は2 mA。指定のピンではピンあたり8 mAまたは50 mAの電流シンクをコンフィグレーション可能
    • 各GPIOピンは、高インピーダンス入力、コンフィグレーション可能なプルアップ、オープン ドレイン出力、CMOS/TTL入力、およびCMOS出力に対応
    • どのI/Oピンでもマスク可能な割り込みを実現
  • USB仕様準拠
    • USB仕様バージョン2.0に準拠
    • USB HID仕様バージョン1.1に準拠
    • 1つのLow Speed USBデバイスのアドレスに対応
    • 1つの制御エンドポイントおよび2つのデータ エンドポイントをサポート
    • 内蔵USBトランシーバ
  • 動作電圧DC4.0V~5.5V
  • 動作温度0~70℃
  • 鉛フリー40ピンQFNパッケージ
  • サイプレスのPSoC ® ツールをベースとした高度な開発ツール

0

用途

CYRF69213 PRoC LP Low Speedの用途は次のとおりです。

  • ヒューマン インタフェースデバイス(HID)用のUSBブリッジ
    • ワイヤレス マウス
    • ワイヤレス キーボード
    • リモコン
    • ゲーム アプリケーション
  • 汎用アプリケーション向けのUSBブリッジ
    • 家庭用電子機器
    • 工業用途
    • 家電製品
    • ホーム オートメーション
    • 健康管理

33021;説明

PRoC LPデバイスは、ラジオ機能とマイクロコントローラ機能を同一パッケージに統合し、2つの機能を備えたシングル チップ ソリューションを提供します。

マイクロコントローラ機能とラジオ機能との通信は、両機能の間に置いたSPIインタフェースで実現しています。

機能の概要

CYRF69213はSoC(System-on- Chip)の完全なラジオ デバイスであり、1つのデバイスに少数の外付け部品を接続することでRFシステムソリューションが完成します。CYRF69213は、世界共通の2.4 GHz産業科学医療用(ISM)帯域(2.400 GHz~2.4835 GHz)で動作する低コストのワイヤレス システムの実装を目的としています。
2.4 GHzラジオ機能

このラジオ機能は、以下のように各国の基準要求に適合しています。

  • ヨーロッパ
    • ETSI EN 301 489-1 V1.4.1
    • ETSI EN 300 328-1 V1.3.1
  • 北米
    • FCC CFR 47 Part 15
  • 日本
    • + ARIB STD-T66

データ送信モード

このラジオ機能は、次の4種類のデータ送信モードをサポートしています。

  • GFSKモード: DSSSを使用せずに1 Mbpsでデータを送信します。
  • 8DRモード:送信するPNコード記号ごとに1バイトをエンコードします。
  • DDRモード:送信するPNコード記号ごとに2ビットをエンコードします。
  • SDRモード:送信するPNコード記号ごとに単一のビットをエンコードします。

64チップと32チップの両方のデータでPNコードがサポートされています。これら4種類の送信モードは、SOP(Start of Packet)処理終了後のデータに適用します。特に、パケット長、データ、およびCRCはすべて同じモードで送信されます。
USBマイクロコントローラの機能

このマイクロコントローラの機能は、高機能な CYRF69213マイクロコントローラをベースとしています。8ビットのフラッシュによるプログラマブルなマイクロコントローラにLow Speed USBインタフェースを統合しています。

このマイクロコントローラには最大14個のGPIOピンがあり、USB、PS/2などの各種用途に対応できます。各GPIOポートは、高インピーダンス入力、コンフィグレーション可能なプルアップ、オープンドレイン出力、CMOS/TTL入力、およびCMOS出力に対応しています。最大2つのピンで、最大50 mAのプログラマブルな駆動能力を提供します。さらに、各I/Oピンを使用してマイクロコントローラへのGPIO割り込みを生成することもできます。 GPIOポート0を除き、各GPIOポートには専用のGPIO割り込みベクタがあります。

このマイクロコントローラは内部発振器を備えています。 USBトラフィックを検出すると、USBタイミング要件の周波数(24 MHz ± 1.5%)に内部発振周波数が正確に同調するように設定できます。

PRoC LPは、ユーザのファームウェアコード用に最大8 KBのフラッシュと、スタック空間とユーザ変数用に最大256バイトのRAMを備えています。

PRoC LP は、ウォッチドッグタイマ、ベクタ割り込みコントローラ、コンフィグレーション可能な1 ms割り込み機能を持つ12ビット プログラマブル インターバルタイマ、およびキャプチャ レジスタを持つ16ビット フリー ランニング タイマを備えています。